1984年6月にリリースされたPINKのファーストシングル「砂の雫」、FUJIカセットテープのCMで使われたらしい。
「FUJI CASSETTE 地獄でグッドサウンドイメージソング」 と印刷されている。

レコードのジャケットはCMの場面をそのまま使ってあるようで、これはメンバー全員ショックだったというのは下記の記事にあり。
(この記事を書いている福岡智彦氏は太田裕美の旦那様)

>>PINKの「PRIVATE STORY」 タイアップすりゃいいってもんじゃない

さて、このCMを見た記憶がとんと無い。
そもそもFUJIカセットテープと聞いてもあまりピンと来ない。
ブランド力が弱く、当時 TDK、SONY、マクセル等に押されて販売が低迷していたので、1985年に新ブランド「AXIA」に切り替え、イメージガールに斉藤由貴を起用して再スタートしたらしい。

というわけで、このCMはFUJIカセットテープとしては最終の年に作られたもの。
「砂の雫」が流れるCM動画はネットを探しても今のところ見当たらない。せっかくCMに起用されたのに、ブランドとしても末期の頃でなんだか不遇だなぁ・・・・(涙)

で、「地獄でグッドサウンド」とは何ぞやだが、カーステレオ専用のカセットテープのキャッチコピー。高熱に強いのがウリのようだ。

>>僕らのカセットテープ図鑑

>>1982~1984年のFUJIカセットテープの一覧

 


SONG by AB’s(放映年不明)

 


いつかCMの動画に出会えますように。