1986年8月リリースの大沢誉志幸5枚目のアルバム「LIFE」
ホッピー神山、矢壁カメオ(アツノブ)が参加。
全8曲中、6曲の編曲をホッピー神山が手掛けている。
(そのうち1曲は矢口博康、ホッピー神山の二人の名前の記載あり)

→ ウィキペディア「LIFE]

 

恵比寿のFactoryにおいて撮影されたアルバム「LIFE」のライブレコーディングを収録したDVD。ホッピー神山、矢壁カメオ(アツノブ)の姿も写っている。


作詞:銀色夏生、作曲:大沢誉志幸、編曲:ホッピー神山

◆ホッピー神山は下記の記事の「ATITUDE TOWARDS JAPANESE ROCK」の中で、大沢誉志幸のアルバム「in・Fin・ity」と「LIFE」に言及している部分がある。
・怒涛のフィジカル・ポップを目指して~三者三様、それぞれの”PINK”。その、せめぎ合いと融和(3)