1980年代に活躍した日本のロックバンドPINKを紹介するサイト
1980年代に活躍した日本のロックバンド「PINK」について紹介するサイト。
ネットで検索しても、「PINK」の情報はとても少ない。今はありがたいことにYoutube等で動画を見たり、曲を聴いたりすることはできる。それでも圧倒的に情報が少ない。メジャーな存在について熱く語っているサイトは山のようにあるけれど、何故「PINK」なのか。
この稀有なバンドの存在を知ってもらいたく、紙媒体の記事を紹介していくことにした。一つ一つのアーカイブ記事が「PINK」というバンドの記録の断片で、ご覧になった方がそれぞれの「PINK」像を構築していく素材になればよいと願っている。

◆PINKについて⇒ウィキペディアのページ

◆PINK年表(随時更新中)

◆PINKの周辺(PINK以外の活動・対談など)

 

 

アーカイブ

限りなく透明に近いピンク② 福岡ユタカ(ROY)

ピンクの中心人物は、他でもないこの人。福岡ユタカ(通称エンちゃん)は、クセ者揃いのピンクにあって、ひときわクセの強い人である。まずはバンドについて。 「ピンクは、アソビが母体となってできたバンドなんです。原宿のピテカント …

限りなく透明に近いピンク①(ROY)

ア~アア~ ジャングルの奥深くからきこえてくるターザンの雄叫び。 ただの叫び声にきこえるけれど、確かにこれは言語だ。 ここで紹介するピンクというバンドの歌は、そんなふうにきこえる。密林のアレンジ、と、何かを訴える野生の声 …

未来と原始が出会う~『光の子』ライナーノーツより

2ndアルバム『光の子』に封入されていた三つ折りのライナーノーツとフライヤー。 音楽雑誌「Player」のライターよるバンドの紹介文、各メンバーの写真&プロフィール、収録曲についての短いコメント、ツアースケジュールなどが …

エネルギーには形がない Energy Has no Figure(Player)

ミュージシャンとリスナー(そしてオーディエンス)との距離。 それはおのずとミュージシャン自身と 作り出される音楽との距離に密接に結びついてくる。 PINKは、 バンド結成当初に内側からあふれ出さんばかりにひしめいていた …

意識の扉が開く、その彼方に・・・。(Player)

GIG IN ラフォーレ・ミュージアム飯倉800 ’85年はPINKにとって飛躍の年だった。ファースト・アルバム『PINK』の圧倒的な評価の高さと、ライヴでの超人的なパワー。もちろんそれまでもエネルギッシュな …

不可解な”TRAVELLER”達(SOUND NEWS)②

―――ところで『SHADOW  PARADISE』の間奏で何かエスニックな感じの弦楽器が入ってますけど、あれは民族楽器か何か? 「そう、サロールっていうインドの楽器。あれはね、あそこで民族楽器っぽいの入れたいなぁーって話 …

不可解な”TRAVELLER”達(SOUND NEWS)①

  淡い色の電車が目の前を通り過ぎて行く 電車と自分の間の空気が揺れ ゴトゴト言う車輪のリズムに 体の動きを奪われる その音は何処か透き通っている 肌に当たる風は何処か冷ややかだ 一歩先の闇、覚醒、曖昧な感情・ …

ブログ・PINKの魔都~’80年代の断片

サイケな「ゴジラ対ヘドラ」~かえせ!太陽を

小学生の時に家族で観に行った「ゴジラ対ヘドラ」(1971年)。 「ゴジラ対ヘドラ」予告編 予告編の15秒あたりから若者たちが踊る地下のゴーゴー喫茶が映り、ヘドロが階段をつたってどろどろと流れてくる。この場面があまりに強烈 …

「ゴジラ -1.0」鑑賞~そしてゴジラ映画で襲撃される福岡の街

年も明けて、ようやく観に行った「ゴジラ マイナスワン」。 これまで映画館で観たゴジラ映画は、「ゴジラ対ヘドラ」(1971年)、エメリッヒ版「GODZILLA」(1998年)、「シン・ゴジラ」(2016年)と今回の「マイナ …

「光の子」プロモーションの謎の赤い人

「光の子」のLPを購入した。 ジャケットと同じ写真でひとまわり小さい三つ折りのライナーノーツと、謎の赤いキャラクターのフライヤーが付いている。既に持っていたLPは歌詞カードしか付いてなかったので、ライナーノーツとフライヤ …

「家族輪舞曲」椎名桜子

椎名桜子(しいな・さくらこ)を知っているだろうか。昭和の終わりから平成の始めにかけて、一時的に脚光を浴びたタレント的な作家。 最初に彼女を目にしたのは、雑誌アンアンの着物の特集号。(1987年5/22号) この時期、アン …

追悼 篠山紀信

写真家・篠山紀信が亡くなった。 生涯ずっと活躍し続けていたが、私にとっては、「篠山紀信」イコール「明星」「激写」「GORO」「写楽/SHAGAKU」「山口百恵」「カメラ小僧」等々である。これらのキーワードと共に、1970 …

2023年12月14日 渋谷ヒデヒロ氏の命日/燐光忌

12月14日は渋谷ヒデヒロ氏の命日。 最近、PINKの貴重なライブ映像が幾つもyoutubeにアップされ、故・渋谷ヒデヒロのステージ上の姿を見ることができる。   アルバム「光の子」リリース時の音楽番組。福岡ユ …

マクセルのテレカ~KEEP YOUR VIEW

ヤフオクを見ていたら、たまたま見つけたテレフォンカード。(モデルは鳥居かほり)   15秒バージョン↑↑↑   「KEEP YOUR VIEW」は、このCMの映像と分かち難くセットで記憶されている。 …

PAGETOP
Copyright © PINKの断片 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.