1980年代に活躍した日本のロックバンドPINKを紹介するサイト
1980年代に活躍した日本のロックバンド「PINK」について紹介するサイト。
ネットで検索しても、「PINK」の情報はとても少ない。今はありがたいことにYoutube等で動画を見たり、曲を聴いたりすることはできる。それでも圧倒的に情報が少ない。メジャーな存在について熱く語っているサイトは山のようにあるけれど、何故「PINK」なのか。
この稀有なバンドの存在を知ってもらいたく、手元にある紙媒体の記事を紹介していくことにした。(少しずつ追加中)

紹介する記事が「PINK」というバンドの記録の断片で、ご覧になった方がそれぞれの「PINK」像を構築していく素材になればよいと願っている。

◆PINKについて⇒ウィキペディアのページ

◆PINK年表(随時更新中)

◆PINKの周辺(PINK以外の活動・対談など)

 

 

ブログ・PINKの魔都

2021年12月14日 渋谷ヒデヒロ氏の命日/燐光忌

12月14日は渋谷ヒデヒロ氏の命日。 自らが核となり生み出したCioccolata あるいは スーパーバンドPINK 彼にとっては究極の選択だったろう もしも別の道を選んでいたら・・・・・ もうひとつの選択をした並行世界 …

1983年12月の東京ライブシーン(サウンドール1984年2月号)

「Suoundall/サウンドール」(1984年2月号)に掲載された【TOKYO LIVE SCENE~東京ナイト。冬休みの課題はライブハウス写真日記、てん末。】 1983年12月の東京のライブハウスめぐりが8ページにわ …

ふたつの「クロスロード」

別冊宝島「バンドやろうぜ」特別編集「EG(イー・ジー)」の【GUITARIST FILE 50】の中で、逆井オサムが挙げている2つの「クロスロード」。 クリーム「クロスロード」(1968年) 映画「クロスロード」(198 …

2021年10月20日 逆井オサム氏の命日

10月20日は逆井オサム氏の命日。 昨年も書いたが・・・・ 「亡くなった人は忘れられることで二度死ぬ」という。人々の記憶から消えてしまわぬように、逆井氏の活動の断片を記録しておきたい。 逆井氏が掲載された記事が見つかった …

PINKの入口・大沢誉志幸~1980年代半ばの凝ったコンサートチケット

1984年の大沢誉志幸のライブがPINKを知ったきっかけだったので、特に思い入れが強く、当時のライブ記事をアーカイブに掲載した。 大沢誉志幸 ARABLEⅡライブレポート>> この記事の中で、 「そして、”この夏ヒットし …

ロック・クロニクル・ジャパン vol.2~デイドリーム・トラックス

1999年12月に発行された『ロック・クロニクル・ジャパン Vol.2  1981-1999』。 ロックとタイトルに入っているが、ポップス系のアーティストも取り上げられている。 PINKは「ニューウェイヴ~ポスト・テクノ …

大沢誉志幸1984年のライブ映像

2021年になってSony Musicがyoutubeにアップした大沢誉志幸のライブ映像 Arableツアー(1984年2月) この動画では下記の3曲が紹介され、ツアーメンバーとして参加していた渋谷ヒデヒロ、岡野ハジメ、 …

アーカイブ

Shocking PINK(サウンド&レコーディング・マガジン)

アルバム『PINK』で見事なバンド・サウンドを聴かせてくれたPINK。ライヴでもその実力を見事に発揮し、実力派グループとして注目したいところだ。作品、ヴォーカルを担当するエンちゃんこと福岡ユタカ、グラム・ロック好きのベー …

HE IS THE DRUMMER 矢壁篤信(2)

---ドラマーの話って誰々のスネアがのタメがカッコイイとか、すごく細かいところに行きがちだけれど・・・。 そうそう、それもいいんだけれど、タメが凄いって、真似しちゃうとつまんない。そうじゃなくて、この人はなんでこういうタ …

HE IS THE DRUMMER 矢壁篤信(1)

リズムボックスとドラムをオリジナル・タイムという軸で組み立てるドラマー、矢壁篤信。彼は世界初のリズム・アーティストだ。 PINKのコンサートで、ひときわ女の子達の歓声を浴びるのが、ドラマーのカメこと、矢壁アツノブだ。ドラ …

真夜中のGlory at IMAGICA SHINAGAWA

PSY・S が中心となって行われた「真夜中のGlory」に、矢壁アツノブが参加。 【PSY・S】 1984年、大阪で結成。イミュレーター等のエレクトロニクス機器を使ってポップソングを作る2人のグループ。ボーカルの安則まみ …

『CYBER』リリース(Player)

かなり早いペースで作られたにもかかわらず、収録時間66分30秒というボリュームで完成したPINKの4thアルバム『CYBER』(10/28発売)。 とはいっても、かねてからの狙いとしてあった、音源のCDフル対応、を意識し …

ピテカントロプス・エレクトス

原宿の年代記を紹介したシリーズ動画の中で「ピテカントロプス・エレクトス」が紹介されている。(2010年)  原宿年代記(桑原茂一、中西俊夫、高木完)     >>1982年の鹿鳴館、原宿「ピテカント …

PINK サウンドを浮き彫りにする(アドリブ)

●対談● 平山雄一/今井智子 ショッキングに登場した6人組PINK。彼らのサウンドをさらに浮き彫りにするべく、カラー頁に続いてお届けするのが、日本のミュージック・シーンに詳しい2人を招いてのピンク対談。好き、嫌い、可能性 …

PAGETOP
Copyright © PINKの断片 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.