1980年代に活躍した日本のロックバンドPINKを紹介するサイト

アーカイブ

1987年

電脳的!筋金入りの駄々っ子たち

コンピューターと人間の、究極の合体を目指すCYBERをキーワードに、PINKが打ち出した究極のポップ/ロック、それが『CYBER』。いま、いちばんキレイでアブナくてキモチいいCYBER PUNK ROCK。 ドリョクって …

奇妙な音楽冒険者たち STRANGE MUSIC AD.

彼らは決して安住しようとしない。音楽的冒険を続けている。単なる個性のせめぎ合いを越えたバンド・サウンドを求めて・・・・。 奇妙な音楽の旅を共にする男たちーーーPINK 日本のロックの行方に関わる彼らの可能性 過大評価のバ …

新音楽人類 ミュージックピープル大研究(3)

福岡 1月26日に発売したサードアルバム「PSYCHO-DELICIOUS」は、今までのLPよりぐっと聴きやすいと思うので、ぜひ聴いてほしいですね。ある意味ではPINKらしくないといわれる部分もあるけれど、僕らは、なるべ …

新音楽人類 ミュージックピープル大研究(2)

福岡 僕らが集まったのは5年くらい前かなあ。当時、ピテカントロプスとかツバキハウスとかのライブハウスが盛り上がっている頃でね。それぞれ別のバンドをやってた連中が、一緒に映画見に行ったり、遊んだりしているうちに、「おもしろ …

新音楽人類 ミュージックピープル大研究(1)

福岡 僕らの音楽って、難しいとか、聴きづらいとか、思っている人が多いのかも知れないけど、決してそんな前衛的なことをやっているわけじゃないんですよ。 ホッピー 外見だけで判断しないでいただきたいですね。中身は、やさしいお兄 …

PINKに感じる”ロックの恵み”-それが”PSYCHO-DELICIOUS”だ。

---PINKが好きな理由を述べよ。 ヘェッ!だってカッコイイもん。オシャレだもん。・・・・・・じゃあ困るか。そうだろうな。 しかし、私が察する限りPINKというとどうも通受けの感がぬぐい切れない。いわゆる評論家筋には評 …

ピンクが楽しんで作れば私達も楽しんで聞けるはず。

ムフフフ、現在着々と進行中のピンクのレコーディングは、話題がいっぱい。岡野ハジメ大先生のお話を聞きながら、私しゃ10月28日の発売が待ちきれない気分になってしもた。 話題その1。今回は基本的に全員が曲を書いている。これだ …

ピュアなロックの”核”が輝く新作

やはりポップ・ミュージックにはガッツが必要だ。貯め込んだエネルギーが、ツンツンと体全体を刺激する。ロックもポップスも含む広いフィールドに飛び出したPINK。けれど、彼らの精神は、デビュー以来まるで変わっていない。 1月2 …

Rock’n Paradise

PINK。彼らの音宇宙への旅行―トリップ―への手引きをひとつ。 去年の夏の終わりごろ、僕はPINKと第一次接近遭遇していた。・・・・・・一方的な出会いだったからE・Tとは呼ぶまい。しかしその時のインパクトは鋭さだけのもの …

ちわきまゆみアルバム「ATTACK TREATMENT」レコーディング参加

1987年2月リリース、ちわきまゆみのアルバム「ATTACK TREATMENT」。 プロデュース&編曲は岡野ハジメ。 レコーディングには、ホッピー神山、矢壁アツノブが参加。 1. オーロラ・ガール(作詞:外間隆史/作曲 …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © PINKの断片 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.