1980年代に活躍した日本のロックバンドPINKを紹介するサイト

アーカイブ

1983~84年(黎明期・初期)

映画「チ・ン・ピ・ラ」オープニング

PINKの「PRIVATE STPRY」は映画「チ・ン・ピ・ラ」の主題歌。映画のオープニングでバンドとしても出演していた。 映画は1984年11月17日公開。 冒頭、インストルメンタルで「PRIVATE STORY」っぽ …

「ショコラータ Special」リリース

渋谷ヒデヒロ、岡野ハジメが在籍したショコラータの1983年のカセットマガジンをCD化したもの。 1997年にリミックスしてCDとしてリリースされた。 リミックス・プロデューサー、リミックス・エンジニアとして岡野ハジメがク …

大沢誉志幸「ArableⅡ」ツアーサポート

1984年9~10月、大沢誉志幸の「ArableⅡ」ライブツアーのメンバーとして、渋谷ヒデヒロ、岡野ハジメ、矢壁カメオ(アツノブ)、ホッピー神山が参加。 大沢誉志幸3枚目のアルバム「CONFUSION」発売(1984年7 …

大沢誉志幸「Arable」ツアーサポート

1984年2月、大沢誉志幸の「Arable」ライブツアーのメンバーとして、渋谷ヒデヒロ、岡野ハジメ、矢壁カメオ(アツノブ)が参加。 大沢誉志幸2枚目のアルバム「SCOOP」発売(1984.2.25)直前のツアー。 ツアー …

近田春夫とVIBRA-TONES(2)

  ”よーちゃんのギター・フェンダー” コーラスのアレンジは、けっこう凝っていますね。 近田:エンジンが考えることが多いね。 エンジン:(照れながら)ドミソならドミソを分解して考えてるだけなんですよ(笑)。ぼく …

近田春夫とVIBRA-TONES(1)

1月15日。東京目黒の鹿鳴館で行われた<東京フリークス>のコンサートで、ビブラトーンズを見た。近田春夫の巧みな喋りとバンドの強力なバイブレーションにあおられ気味の聴衆は、一曲目からダンス、ダンス。途中、客席の成人式帰りの …

ふざけた名前 ホッピー神山(PINK)

曖昧さをたたえた表情、全体のムードにそぐわないようなギクシャクした印象。どうしようもなく何かがハミ出していて、それは野蛮さなのかなと思った。要するにある写真の中の彼にひかれた。それに、ふざけた名前でしょ? *       …

モダン・コレクションVol.5

ネクスト・ウェ-ヴを予言する ”モダン・コレクションVol.5” 精鋭されたアマチュア総出場!! 皆さん、おなじみ”モダン・コレクションVol.5” が6/25~28の4日間にわたってニギニギしく盛り上がりました。今回出 …

Hot Stuff ライブ広告(1984年)

1984年7月号「Player」掲載のライブ広告。 当時のチケットの相場が分かる。 「大沢誉志幸/PINK/リアル・フィッシュ」出演のライブ。 リアル・フィッシュはサックスプレイヤー矢口博康が率いるバンド。矢口博康は大澤 …

さあ踊れ、明るいPINK!

強力なリズム・セクションからはき出されるビートは壁にぶつかり、床にぶつかり四散する。飛び散ったビートは圧搾されたボーカルと絡み、お祭り状になって体にのめり込んでくる。けたはずれの躍動感。言葉が急に飛ぶ。つられて表情も飛ん …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © PINKの断片 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.