1980年代に活躍した日本のロックバンドPINKを紹介するサイト

アーカイブ

1985年

福岡ユタカ 音の生命潮流 vital tide of the sound(1)

福岡ユタカは、とにかく徹底的に”前向き”なんだ。ライヴでもオフでも。何度会ってもそうだ。”肯定し続ける意志”とでも言ったらいいのか。もちろん、それは”否定”しない、という意味ではなく、むしろ日本の音楽状況にはオソロシク敏 …

大沢誉志幸アルバム「in・Fin・ity」レコーディング参加

1985年4月リリースの大沢誉志幸4枚目のアルバム「in・Fin・ity」 ホッピー神山、岡野ハジメ、矢壁カメオ(アツノブ)が参加。 編曲は全曲ホッピー神山が手掛けている。 →ウィキペディア「in・Fin・ity」 コー …

大沢誉志幸「ArableⅢ」ツアーサポート

1985年5~7月、大沢誉志幸の「ArableⅢ」ライブツアーのメンバーとして、ホッピー神山、岡野ハジメ、矢壁カメオ(アツノブ)が参加。 大沢誉志幸4枚目のアルバム「in・Fin・ity」発売(1985年4月)後のツアー …

日本ロック・カタログ’85/結実してきたニュー・パワー

  長らく待たれていたPINKのアルバムが、ついに完成した。タイトルはそのものズバリ「PINK」。昨年はウワサのバンドとして高い評価を得ながら、結局リリースされたのはシングルが2枚。その「砂の雫」と「プライベー …

音楽シーンを革命的に変える!

5.25-1st.アルバム発表。今、その全ぼうが明らかに! PINK---このバンドについて、クドクド説明するのはもうよそう。福岡ユタカ(Vo)、岡野ハジメ(B)、矢壁アツノブ(Dr)、ホッピー神山(Key)、スティーヴ …

オレ達の音楽こそ/この今、必要なもの/始原的なエネルギーと呼びさます

本人たちは「どこでです?」なんてテレてたけど、ウワサのPINKが、いよいよデビューする。 彼らの名前が巷に流れ始めたのは、もう1年以上前のことだ。かれらのライヴに触れたある関係者は、興奮気味にこんなことを話していたのを覚 …

KEYBOARD MANUAL(ホッピー神山)

僕の体験上の具体例を交えて、一年間やって行きたいと思います。 みなさん、こんにちは。キーボード講座を任命された、ホッピー・カミヤマであります。ホッピーというのはみんなも知ってのとおりあれですよ。焼酎をホップで割ったあれ。 …

Live on Fire

まずは両眼を闇に慣らす。 するととてつもない威圧感が前方に潜んでいることに気づく。 PINKに初めて出会う時、誰もがそうやって手探りで宝石の原石を捜すようにして、最初の感触を得る。 あとは包み込むパルスに身体を任せて自然 …

PERSON TO PERSON(GB記事)

バンドとゆーのはメンバーが多ければ多いほど、ファンの人気度などでエコヒイキが起きてしまう。この民主主義の世の中で、ソレはイケナイ!と平等に燃えるワタシは、この際全員をバッチリ紹介したい、と思ったワケだ。 え? どのバンド …

パワー・エレガンスの合体!!(GBライブ記事)

なんてディープインサイド、カラダの中にグ~ンと入り込んでくる音だろうと思った。大きく巻かれる波のうねりに、そのまま身をまかせ、ただよってる感じ。どこまでもどこまでも流されて行きそうな、実に大陸的な気持ちよさにフワリと包ま …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © PINKの断片 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.